好みはどちら

疲れ目と眼精疲労

目の疲れと眼精疲労はどのような違いがあるのでしょうか。
一般的に、目の疲れというのはぐっすり眠れば取れるほどの軽症を指すようです。
眼精疲労は一晩眠っただけでは良くならず、目の奥が痛くなったりひどく充血したりと疲れ目より重い症状が出るようです。
また症状が悪化すると痛みが更に強くなったり、頭痛や吐き気といった症状まで引き起こすことも。
自律神経にまで影響が出ることもあり、仕事を続けられず辞めなければならない、ということになる可能性もあるようです。
こうなると治療するのが難しくなりますから、悪化しないうちに眼科で診てもらうなどしてしっかりケアすることが重要ですね。
目が使えなくなったら仕事ができなくなりますから。

Nアセチルカルノシン点眼薬というものをご存知でしょうか?いままで手術のみでしか治療することが出来ないと言われていた白内障を点眼治療によって再び視力を回復できるのがNアセチルカルノシン点眼薬です。Nアセチルカルノシン点眼薬はロシアで開発され、ヨーロッパではすでに広く一般使用されています。Nアセチルカルノシン点眼薬の臨床試験を6ヶ月に渡り行った結果、被験者の90パーセントが視力の回復を実感することができ、またレンズの透過率の回復が40パーセントの被験者において見られたとのことです。日本ではNアセチルカルノシン点眼薬の使用許可が下りていないため、使用には海外から個人輸入する必要があります。

白内障の治療に白内障目薬

トリキュラー28を取り寄せ

やはり今時経口避妊薬も通販で購入する時代なんですね~

わたしはこの半年ほど婦人科でトリキュラー28を処方してもらっていたのですがぶっちゃけ出費が半端じゃなかったです(;-o-)=3
トリキュラー28自体も決して安くないのに、それに加えて診察料まで取られますからね・・・(1時間近く待たされて診察室には5分もいないのに)

その点通販でトリキュラー28を取り寄せればかなりお得ですし、病院に行く面倒もありません☆

まあ問題があるとすれば説明書がすべて英語だという点ぐらいですが、日本で使用されているものと全く同じものですから説明書を読む必要も特にないですしね(^ー^;)

経口避妊薬ってどうしてあんなに高いんでしょうね(;-o-)=3
わたしはトリキュラー28というピルを服用しているのですがかかる出費が正直かなり痛いですo(;△;)o

そのことを友人に愚痴っていたら、その友人にかなり有益な情報をいただきました☆
なんとトリキュラー28は海外から取り寄せると日本で処方してもらうよりもずっとお安く手に入るんだそうです!!
トリキュラー28は個人使用目的の場合のみ海外からの輸入が認められていますからもちろん違法ではありませんよ(^▽^;)

わたしももう少し調べてみて本当に安全だと分かったら、トリキュラー28のネット通販に切り替えようかなと思います。

スチームクリーナーランキングから価値を図る

多くの用途に利用することができるアイテムをそろえるのであれば、スチームクリーナーランキングに目を通すのも良いでしょう。色々なラインナップの中から、自分が利用したいものが見つかるはずです。

どれだけ自分自身で綺麗にすることができるかをチャレンジしたくなるようなアイテムが多いスチームクリーナーランキングは、お掃除というものを楽しくする魔法を持っています。今までは頑固な汚れを落とすにも、多くの時間と労力が必要であったはずです。それを革命的に変えたのが、スチームクリーナーなのです。

スチームの力で油汚れも綺麗に浮かせて落とすことができるというのは、掃除の概念を変えるには十分な結果なのです。今まではいくら頑張っても落ちなかったという汚れも、スチームクリーナーによって落とすことができるかもしれません。

年末の大掃除はもちろんのこと、赤ちゃんがいる家庭にも利用することができるため、殺菌という点でも注目されているのも最近の傾向です。スチームクリーナーランキングを参考にすると、どのようなメリットが家庭に呼び込むことができるかがわかります。それを踏まえて購入の検討を行うことによって、利用価値を高めることができるのです。

口唇ヘルペスは感染にも注意!

この前、人生で初めて口唇ヘルペスを患い、ちょっとインターネットで色々と調べてみました。まぁ一番最初に出てきた治療法である疲労回復のために、睡眠を長めにとったらすぐ回復したんですけどね。

調べた中でも意外だったのが、口唇ヘルペスも他の人に感染する恐れがあるという情報でしたね。まぁ変な話、唇同士のキスさえしなきゃ大丈夫だろうと思ったいたのですが、意外と気をつけなくちゃいけないことは多かったです。まずは、患部に触れたタオルは、他の人には使わせちゃいけないみたいです。まぁ洗顔用タオルと家族と共有する人はあまりいませんよね。あ、でもバスタオルで私の場合は顔ゴシゴシ拭いちゃいますね。また、回し飲みもあまりしない方が良いみたいです。コップの淵にウイルスついていたりするみたいなので。やっぱり、原因はヘルペスウイルスという立派なウイルスなこともあって、一定の対策は必要なんですね。今回は運良く寝るだけですぐ治りましたけど、長期に続いた際には改めて気を付けようと思います。

口唇ヘルペス、私なら塗り薬が良いです。

まだ11月に入って間もないというのに、すっかり日が短くなり、すぐそこまで冬が来ているのかなと日々実感します。もう朝寒くて布団から出たくないし、朝自転車漕ぐ時はもう手袋必須になりました。

そして例年、この時期に私は口唇ヘルペスにかかってしまうんですよね。多分、季節の変わり目で、温度変化が激しいせいで、身体が疲れるんだと思います(あとよくある原因としては、ビタミンが足りていなかったり、消化機能が衰えていたりということが挙げられるそうです)。まぁ周りみたいに、風邪で本格的に体調を崩したりしない分まだ良いんですけど、これはこれで地味に辛いんですよね。水飲む度に染みるので。最近は何か、それ専用の塗り薬があるみたいですね。今までは、ビタミン剤とか飲んでましたけど、塗り薬があるならそっちを使いたいです。患部に直接塗布する分、早く効いてきれそうなイメージなので。ただ、今見た限りでも結構種類あって、どれが一番良いのでしょうか?

口唇ヘルペスとは、唇や口のまわりに小さな水ぶくれができてしまう症状のことを指しています。俗に、風邪の華、熱の華と呼ばれることも多い症状です。口唇(こうしん)ヘルペスは、単純ヘルペスと呼ばれるウイルスが原因で引き起こされると言われています。単純ヘルペスのウイルスは、高齢の方であればほとんどの方が感染しており、若年の人であるほど感染者は少なくなる経口にあります。30代前後の場合、半数は感染していると言われています。

積極的に足底筋膜炎の改善を図るならプールが良い

継続して運動が行われると、体に負担がかかります。体重がかかってしまう足底部は、足底筋膜炎という症状をきたす場合があります。このような変化があるのであれば、早急に改善に向けた調整を図るべきではないでしょうか。

十分な休養を取ることによって、足底筋膜炎の改善が見込めますが、全く動かないということは、全身の機能低下が懸念されます。特に高齢になるほど、休息が運動の円滑さを邪魔してしまうこともあるので、負荷のかからない方法で運動するという習慣が肝になります。

早期に対応する一つの手段としては、プールの利用が勧められます。水の影響で浮力が体の負担を軽減してくれるので、足底筋膜炎の対策としては最も多く用いられているのが現状です。

スポーツ選手でも心肺機能維持と、運動能力が低下しないために、プールを用いて足底筋膜炎対策を行っているほどです。やはり、地面を蹴るという行為は、少なからず足底部に負担をかけてしまいます。それを避けつつ運動を行うのであれば、水の力を借りる必要があるのです。

足底筋膜炎は対応次第で完治も十分可能です。ストレスを感じることなく毎日の生活を送るためにも、積極的に運動する方法を考えてみるのが良いかもしれません。

ゼニカル最大のデメリットはビタミン不足!

女性の間で、今密かに人気が出ているゼニカルというサプリメントがあります。
これが何に効果があるかっていうと、ズバリ痩身なんです。
でも、ゼニカルは日本ではまだマイナーなようなので、副作用が気になりました。
ネットで調べてみた所、下痢やおならといった問題が出るとか。
なんだかこれだけを見てしまうと、本当に飲んで大丈夫なのかなって心配になりますね。
それだけ胃腸に負担が大きいっていう薬なのかしら?
しかも既に他の病気を患っている人の場合は、飲み合わせの注意があるようなので、絶対に医師に相談するべきだそうです。
ゼニカルは脂肪吸収を妨げる特徴がありますが、実はこれ、脂用性ビタミンまでも、吸収妨害してしまうので、結構問題が大きいそうです。
ビタミン不足になってしまう可能性も指摘されています。
ゼニカルを使用する時には、副作用をちゃんとわかっていないと、意外な落とし穴にはまってしましそうですね。
簡単にサプリメントで痩せられるのは嬉しいですが、ビタミン不足とか、健康被害に遭ってしまうほうが、よほど深刻だと思います。
やはり安全なやせ薬なんて、この世の中にはないのかな。
でも、アメリカでは認可されているので、自己責任で挑戦してみたい気持ちもあります。

いんきん治療で配慮すべきポイントを押さえる

いんきんは痒みが伴い、たまらずにかきむしっていると、どんどん患部が広がってしまいます。薬で症状を抑えている間でも、無意識のうちにかきむしってしまうことで、別の箇所に白癬菌が飛んでしまうことも多々あります。

また、かきむしることによって傷ができてしまうと、皮膚の発赤だけでなく、色素沈着を起こしてしまい、見た目にも痛々しい跡が残ってしまいます。そうならないためにも、いんきんは適切な治療を行うべきなのです。

入浴によって体温が上昇すると、痒みも増強されることがあります。だからといって入浴を控えてしまうと、不衛生な環境から新たな問題が生じてしまいます。

まずは清潔にしつつ、かきむしらないように配慮することによって、別な箇所に移るリスクを抑えることが、今後の治療を順調に済ませるためには必要。少しの気遣いを怠ってしまうと、自分のみならず家族にまで感染してしまう可能性があります。

いんきんなどの白癬菌が原因の疾患を患っているのであれば、家族で風呂のマットを共有するのを避けるなど、感染のリスクは丁寧に汲み取るべきです。患部を触った手で他の場所を触るだけでも感染する可能性があるため、十分注意しながら治療に励むべきなのです。

不妊治療 女性側の原因

卵巣、卵管、子宮のいずれかに異常がある場合には妊娠できません。
女性側の不妊原因として考えられるのは年齢、排卵障害、卵管障害、子宮の着床障害、子宮頸管の精子通過障害。
年齢が高くなるほど妊娠が難しい体になるのはよく知られています。
不妊治療をする前に、どこに異常があるかを検査して原因を調べます。

排卵障害
過激なダイエットやストレス、肥満などが原因となってホルモンの分泌が正常におこなわれなかったり、排卵がなくなります。

卵管障害
卵管が詰まっていたり、卵子をつかまえることができない不妊です。

子宮の着床障害
排卵があり、卵管を卵子が通ることができても、子宮に異常があると着床できません。
子宮の着床障害は子宮筋腫や子宮内膜ポリープといったことが原因の不妊ですが、黄体ホルモンの分泌が悪いときにも起こりえます。

子宮頸管の精子通過障害
精子に対する抗体がある場合や粘液の量が少ないときには、精子が子宮頸管を通ることができません。

こうした障害を引き起こす原因としては、子宮内膜症や性感染症、骨盤内の癒着などが考えられます。
年齢が高くなり、本格的な不妊治療をしなくてもいいように、生理不順やホルモンのバランスなどを調べておくことが大切です。
女性であれば、生理の周期や状態でだいたい予測できますから、少しでもおかしいと感じたら、婦人科で診てもらうことが早期不妊治療となるでしょう。

グリスリンとは、マイタケから抽出される糖タンパクエキスです。女性の病として知られるPCOSの改善にグリスリンが役立てられることが、臨床現場で明らかとなってきています。

PCOSは、不妊症の原因ともなる排卵障害のひとつです。グリスリンの摂取によりインスリンが効率よく働くと、内分泌系のバランスがとれるようになり、結果的に排卵を促すことができるケースがみられています。自然妊娠が可能となった例も少なくはなく、不妊に悩む方から高い注目を集めています。

簡単にできるながら運動

いざダイエットを始めようと思っても時間がなかったり飽きっぽかったりして中々できない人がいます。ダイエットは長期間かけて行うことが多いため続けなければ効果が出にくいです。そのため途中で挫折する人も少なくありません。特に、運動系は難しくしっかり毎日続けている人はまれです。そこで日常の生活でも簡単にできるながら運動注目を集めています。よく見かけるのが通勤を車から自転車に変えたり、仕事に行く時に降りる駅を1駅短くして会社まで歩いたりすることです。家にいるときなら「掃除をしながら」や「家事をしながら」ダイエットをすることができます。例えば、掃除機をかける時はいつもより大幅で歩いたり、床に落ちている物を拾うときには毎回しっかりしゃがんで取るだけでも屈伸運動になります。雑巾をかけるときには腕を大きく動かして拭き掃除すると肩甲骨までしっかりシェイプアップできます。また、料理を作っている時にはつま先立ちを意識したり洗濯物を畳んで仕分けする時には前後左右に奥とウエストのシェイプアップになります。何気ない普
通の動作でも意識するだけで充分にダイエットにつながります。短期で効果を出したい人には物足りないかもしれませんがダイエットは継続することが大切です。自分が続けられる方法を探してみましょう。
炭水化物ダイエットのリバウンドに終止符!|炭水化物ブロッカーフェーズ2

足の爪のカンジタ症

足の爪がカンジタ症になってしまいました。
まさかまさかの展開にかなり驚愕してしまっています。
最初は症状的に爪水虫なんじゃないかと思って市販の治療薬を使っていたんですが、これがちっとも効果が無くて。
さすがに病院に行かなきゃダメか、と思って行ってみたら爪のカンジタ症だと言われたんですよね。
僕と同じく、爪水虫と勘違いしてしまう人、結構多いんだそうです。
まぁ水虫だとしてもカンジタ症だとしても、ショックなことに変わりはないですけどね。
どちらにしても初めての経験ですから。
一応お医者さんの話だと、爪にカンジタができるのはけして珍しいことじゃないんだそうです。
特に水仕事を多くしたりしている人なんかはなりやすいみたいですね。
足の場合は・・・蒸れやすいということですかね?
なんにしても、さっさと治してしまいたいですね。
カンジタはいちどなってしまうとなかなか治りにくい病気とも言われています。
治りにくいというよりは再発しやすいと言った方が正確かもしれませんが…

みなさんデーデルライン桿菌ってご存知ですか??
デーデルライン桿菌とは乳酸菌の一種で、わたしたち女性の膣内に常在している細菌なんですって。

デーデルライン桿菌にはわたしたちにとって実は欠かすことが出来ない大切な存在なんです(≧ヘ≦)!
なぜならデーデルライン桿菌はカンジダ性膣炎を引き起こすカンジダ菌の活発化を抑える効果を持っているからです。

つまりカンジダ性膣炎がなかなか治らない人や何度も繰り返してしまうような人の膣内にはデーデルライン桿菌が不足している可能性が高いそうですよ!

体内のデーデルライン桿菌を増やすにはヨーグルトを食べるといいんだそうです☆

Return Top